東京大学 サスティナブル キャンパス プロジェクトウェブサイト

tscp

 

東大サステイナブルキャンパスプロジェクトTSCP2012低炭素化目標を達成

 

 2013年3月14日の記者発表にて発表いたしました、TSCP短期目標の達成と今後の計画について補足いたします。

 

1.TSCPアクションプランについて

・TSCP2012:大学全体のCO2排出総量を、2012年度末には実験系を除き2006年度比で 15%削減します。
・TSCP2030大学全体のCO2排出総量を、2030年度末には2006年度比で50%削減します。

        

東京大学におけるエネルギー消費内訳(概略推計)

 

2.TSCP2012(短期目標)の達成について

●事業規模の拡大にもかかわらず達成することが出来ました。

<グラフについて>
 排出総量(非実験系)は、94,578t-CO2/2006年度から79,026t-CO2/2012年度にかけて減少しました(▲16%) 。さらに、 2006年度からの事業規模拡大を考慮すると、減少量は

25,052t-CO2(▲26%)となります。

 

                      TSCP2012目標と実績

 

●TSCP2012削減目標の50%は、ハード対策による削減効果に相当します。

<グラフについて> 

 削減量のおよそ半分に相当する11,880ton-CO2/年のCO2は、以下のハード対策によって削減されました。残りは、省エネ活動(空調設定温度の緩和・照明の間引きなど)・見える化による節電への取組といったソフト対策によって削減されています。

 

         
                      ハード対策による削減効果